教育に関する科目って何?(看護専門学校の教員要件について)

シェアする

教育に関する科目って何?(看護専門学校の専任教員の要件について)

日本で唯一の看護教員専門キャリア・コンサルタントの森田です。

本日は看護専門学校の専任教員の教員要件のうちのひとつ。
教育に関する科目」についてです。

教育に関する科目についてはよくわからない

実は看護教員を目指している方でもこの「教育に関する科目についていまいちよくわからない」という方はかなり多いです。

ここで再度おさらいです。
指導要領には、以下のように規定してあります。

看護師養成所の専任教員となることのできる者は、次のいずれにも該当する者であること。ただし、保健師、助産師又は看護師として指定規則別表3の専門分野の教育内容(以下「専門領域」という。)のうちの一つの業務に3年以上従事した者で、大学において教育に関する科目を履修して卒業したもの又は大学院において教育に関する科目を履修したものは、これにかかわらず専任教員となることができること。

 「看護師等養成所の運営に関する指導要領」より引用

今回は「大学において教育に関する科目を履修して卒業したもの」について解説します。

まず、大前提として「指定規則別表3の専門分野の教育内容(以下「専門領域」という。)のうちの一つの業務に3年以上従事した者」を理解しておかなければなりません。

⇒ここでいう専門領域とは、成人、老年、小児、母性、精神、在宅といった領域のことです。
成人、老年、小児、母性、精神の領域とは一般的な病棟での経験と思ってください。
在宅は訪問看護ステーションでの経験が望ましいです。(管理者経験者なら尚良)
外来や手術室などの経験の場合、学校によっては敬遠されることがあります。
それは学生の臨地実習は主に病棟で行われるので病棟での勤務経験がないと指導するのが難しいと判断されてしまうためです。

要は一般的な病棟や訪問看護ステーションなどで3年以上の臨床経験を積んでいる必要があるということです。

大学において教育に関する科目を履修して卒業したものとは?

では、本題です、「大学において教育に関する科目を履修して卒業したもの」とはどのようなことでしょうか?
⇒この教育に関する科目とは、看護六法の中の「看護師等養成所の運営に関する手引き」にもう少し詳しい説明が記載されています。

 (1) 指導要領第4-1-(1)、(2)、(3)及び(4)の教育に関する科目とは、教育の本質・目標、心身の発達と学習の過程、教育の方法・技術及び教科教育法に関する科目のうちから、合計 4 単位以上をいうこと。

 「看護師等養成所の運営に関する手引き」より引用

なるほど!そういうことか。良くわかりました!

って人がいたらこの続きは読む必要はありません。

でも、これをみてもよくわからない方、安心してください。
みんなそうです(笑)

では、この「教育に関する科目」を最もわかりやすく言いいます!

履修した科目名に『教育』と名のつくような名前の科目ならほぼ大丈夫ということです。
例えば「教育学概論」や「教育方法論」、「教育心理学」、といった科目です。
また、カウンセリング系の科目でも、心身の発達に関する内容だとOKだったりします。
ただし、ゼッタイに大丈夫ということではないのでお気をつけください。

教員要件って誰が確認するの?

そもそもこの教員要件を満たしているかどうかは誰が確認するのでしょうか?
それは採用する看護学校ではありません。
その看護学校を管轄している都道府県です。

よってたとえ看護学校が専任教員として採用しても専任教員としては認めてもらえないこともあります。その場合は専任教員ではなく、講師や助手といった立場で教育に携わることになります。
ただし雇用契約上は正社員(正職員)として採用される場合もあります。

よって履修した科目がビミョーな場合は、都道府県に対し、事前に照会をかけて専任教員の要件を満たしているかどうかの確認をとるのが一番です。

もし専任教員の要件を満たしていない者が授業(講義)を行った場合、その授業は正当な授業として認められず、授業のやり直しや、最悪の場合は国家試験を受験することができなくなったりします。

とは言え教員要件については、採用する看護学校側でしっかりと確認を行うべきことなのであなた自身がそこまで心配することではありません。

大学で履修する場合は卒業しないとダメです!

最後にこれも以外と知らない方も多いのですが、教育に関する科目を履修しただけではダメです。必ず『卒業』する必要があります。(大学院は除く)

よく科目履修生として4単位以上とるつもり、という方がいるのですがこれでは卒業したことにならないのでダメです。

また、既に他の大学を卒業しているので、大卒の資格はあるので、科目履修で4単位履修すればいい、と考える方もいますがこれもダメです。

大学での履修と卒業はセットでなければなりません。
要は、卒業する(した)大学の在学中に教育に関する科目を履修しなければならない、ということです。